内閣府でも!ベジメニュースタート!ベジプロも協力しました

本日より、内閣府・内閣官房の職員食堂にて、ベジタリアンメニューのランチが試験的に導入されました!

今回ベジプロは、お料理の提案やベジタリアン食材の使い方の紹介において、食品会社さんをお手伝いする形で協力させて頂きました。

そして本日導入初日、内部で一生懸命動いてくださったK氏とベジプロがお繋ぎさせて頂いた食品会社さんであるグリーンカルチャーさんと内閣府でのベジランチを頂いてきました!

場所はもちろん内閣府

食堂入り口にベジメニューがフューチャーされていました!

本日のベジメニューはカレーセット

メニューはこんな感じです

カレーに入っているお野菜もジューシーで、彩も良い!

 

カレーの中には、大豆ミートが入っていて、食べごたえバッチリです!

K氏、グリーンカルチャー金田社長、ベジプロ代表で記念撮影

なんと途中で品切れになるほどの売れ行き!

 

ベジメニューを召し上がっていらっしゃる方に、話しかけてみたら、皆さん美味しいとおっしゃっていました!

そして大豆ミートがひき肉みたいで驚かれた方、ヘルシーさに喜ばれている方、いろんな方がベジメニューを楽しんでいらっしゃっていました。

今後のベジメニューも楽しみですね!

 

以下、内閣関係者K氏からの報告です。

  • 内閣府・内閣官房の職員食堂が、平成29年3月17日(金)より、ベジ・ランチを試験的に導入することとなりました(主にビーガン対応で日によって乳卵を含む日もあります)。おそらく、私の知る限り、日本政府の各省庁の中では初めてのことではないかと思います。
  • これは、近年、地球環境保護や動物保護などの理由からベジタリアンやビーガン食を選択する人が世界中で増えており、内閣府・内閣官房職員の中にも、自身がベジタリアンやビーガンであったり、ベジに関心を持っている人が少なからず見られることから、食堂運営業者に対し、ベジ・メニューの導入に踏み切るようお願いしたものです。
  • 当面は、3月を試験期間とした上で毎週金曜日のみの提供とし、その際の利用者の反応や売れ行きなどを考慮しながら、4月の本格導入に向け検討していくこととなっています。
  • なお、4月には、ポール・マッカートニー氏が来日する予定ですが、今回のベジ・メニュー導入の決定は、「ミート・フリー・マンデー(週いちベジ)」キャンペーンを積極的に推進しているマッカートニー氏への敬意と、今回の来日公演への祝意、という意味合いも込められています。
  • いずれにしましても、2020年の東京オリンピックとパラリンピックを控え、これからビーガンやベジタリアンも含め多くの外国人訪問客が見込まれる中、今回の措置がひとつの刺激となって、今後、ベジ・メニューを導入するレストランがさらに増えることを願っています。そして、ビーガン・ベジタリアン料理は、肉や魚料理に比べて全く遜色がなく、しかも、お洒落でクールなんだという認識が広がれば、非常に嬉しく思います。

~~~

少しずつベジメニューがいろんなところでスタートしています!

それぞれの声で、ベジの需要を伝えていき、もっと大きな動きにしていきましょう~!

2017-12-20T16:32:43+00:00 3月 17th, 2017|